保育士になるには

保育士になるには

  スポンサードリンク

保育士になるには、大きく分けて2通りの方法があります。

 

1つ目は、保育士資格が取得できる大学、短大、専門学校(専門過程を置く専修学校)、養成施設といった養成校を卒業する方法です。

 

これらの養成校には、厚生労働省が定めた「保育士養成課程」が設置されており、より専門的な知識を身につけることができますので、全ての単位を履修できれば、卒業と同時に無条件で資格が与えられます。

 

 

2つ目は、年に1回、都道府県が実施している全国共通の保育士試験に合格して、資格を得る方法です。

 

この試験は、一定の受験資格が設けられているものの、基本的に卒業した学校の学部・学科、通学制か通信制かなどの制限はありませんので、比較的誰もが受けやすいものとなっています。

 

一旦は他の職業を志し大学に入学した方や、社会人になった方でも、勉強を重ねて合格できれば資格を与えられますので、受験者数も増加傾向にあるようです。

 

 

保育士になるには、資質というものも非常に重要になります。

 

子ども好きであるというのは当然ですが、地域の人や保護者とも接する機会が多いので、人と接するのが苦手という場合は、なかなか難しいです。

 

性格的にも、明るくて前向きで物怖じしないことも大切ですし、その一方で、子どもの心の微妙な変化を読み取る繊細さも必要で、優しく包み込むような包容力も要求されるところではないでしょうか。

 

健康面でも、自己管理がきちんとできて、子どもたちのパワーに負けないだけの体力がなければ、長く続けることも難しくなります。

 

一口に保育所といっても、公立と私立では待遇面も違ってきますし、公立の場合は公務員として勤務することになりますので、人事異動も当然あります。

 

そういった1つ1つの要素に対して理解を深めながら、資格取得を目指して頂きたいと思います。

スポンサードリンク