保育士になるには・資格取得

保育士になるには・資格取得記事一覧

保育士になるには・高卒からの場合

高卒から保育士になるには、現在のところ、児童福祉施設で2年間の実務経験を持った上で、保育士試験に合格して資格を取得する方法しかありません。これは、昭和63年度の保母試験受験資格の見直しにより、短大、専門学校卒業程度以上の学歴を持った方しか保育士試験を受けることができなくなったからです。それでは、高卒...

≫続きを読む

保育士になるには・中卒からの場合

中卒から保育士になるには、非常に厳しい道のりといえますが、決して資格を取れないということではありませんので、志を高く持ってがんばって行きましょう!!中卒からの場合、保育士試験を受験して合格するのが、資格取得への近道だと思いますが、受験資格の1つ目の条件として、短大や専門学校程度以上の学歴がある方とさ...

≫続きを読む

社会人から保育士になるには

社会人から保育士になるには、「保育士養成課程」を設置している大学、短大などの通信教育部で学ぶ方法がオススメです。この方法では、厚生労働省が指定している科目単位を履修して卒業すれば、同時に保育士資格を取得することができますし、幼稚園教諭免許などをセットで取得できるところもあり、通信制としては非常に有難...

≫続きを読む

主婦が保育士になるには

結婚して家庭に入った主婦が保育士になるには、自分の最終学歴を参考にして、資格取得への道を選ぶ必要があります。保育士という仕事は、基本的に8時間勤務で延長保育などもあるため、現在専業主婦をされている方にとっては、意外と大変な職業かもしれません。しかし、子育てを卒業してみて、自分は子どもと接するのが向い...

≫続きを読む

保育士になるには・大学と学部選択

保育士になるには、進学すべき大学や学部選びも重要ですね。全国には、約500校程の養成校と呼ばれる大学や短大があり、厚生労働省指定の「保育士養成課程」を全て履修することで、卒業と同時に資格を取得できる訳ですから、ぜひ自分にあった大学や学部・学科を選んで頂きたいと思います。とりあえず、養成校ではなく、一...

≫続きを読む

保育士になるには・短期大学へ進学

保育士になるには、短期大学へ進学するという方法もあります。4年制大学に進学しなくても、厚生労働省が指定した「保育士養成課程」を設置している短期大学に入学し、全過程を履修して卒業できれば、資格を得ることができます。短期大学に進学するメリットとしては、2年間という短期間で資格を所得できること。学校によっ...

≫続きを読む

保育士になるには・実習で学ぶこと

保育士になるには、実習も大きな課題の1つとなっています。養成校と呼ばれる大学や短大、専門学校では、ある程度の教科目を学んだ後、保育施設やその他の児童福祉施設において実際に児童と接することで、様々なことを学んで行きます。実習の内容としては、保育所と居住型児童福祉施設における5単位が必須となっており、そ...

≫続きを読む

保育士になるには・ピアノは必須?

「保育士になるにはピアノが弾けないと無理」という話を聞いたことがありませんか?でも、実際はそんなことはありません。保育士試験は、例年8月に2日間の日程で筆記試験が行われ、全ての科目に合格した人だけが、10月に1日間の日程で行われる実技試験を受けることができます。実技試験の内容については、「音楽」「絵...

≫続きを読む

保育士になるには・男性の場合

男性が保育士になるには、どのような道を辿れば良いのでしょうか?基本的に資格取得までの道のりに男女差はありません。よって、保育士養成校と呼ばれる4年制大学や短大、専修学校に進学して卒業と同時に資格を得るか、または、保育士試験を受験し、合格する方法のどちらかになります。現在では、男性の保育士が全体の10...

≫続きを読む