保育士になるには・大学と学部

保育士になるには・大学と学部選択

  スポンサードリンク

保育士になるには、進学すべき大学や学部選びも重要ですね。

 

全国には、約500校程の養成校と呼ばれる大学や短大があり、厚生労働省指定の「保育士養成課程」を全て履修することで、卒業と同時に資格を取得できる訳ですから、ぜひ自分にあった大学や学部・学科を選んで頂きたいと思います。

 

とりあえず、養成校ではなく、一般の大学や短大に進学しようという方も多いかもしれませんが、保育士試験の合格率が10%程しかないことを考慮すると、やはり狭き門と言わざるを得ない状況ですからね。

 

養成校に関しては、全国の大学や短大によって、様々な学部や学科が存在するようですね。

 

教育学部や社会福祉学部、こども心理学部、家政学部、人間科学部、幼児教育学科、幼児保育学科など、ネーミングも様々で、異なる特徴があるようです。

 

例えば、教育学部では、保育士や幼稚園教諭だけでなく、小中高の教員免許状が取得可能とされていたり、社会福祉学部では、社会福祉士(ソーシャルワーカー)や介護福祉士、精神保健福祉士、心理カウンセラーなど、いろんな資格が取得できるようです。

 

このような養成校を経て保育士になるには、基本的に62単位以上の修得が必要ですが、他の資格などの勉強もしておくと就職の上でも有利になりますので、ぜひ自分の可能性を活かせる学校選びをお願いします。

 

学費や通学の距離などの問題がある方や、既に就職されている方は通信教育部のある学校がオススメです。

 

保育士資格が取れる通信教育部のある学校

保育士になるには,大学,学部

  • 聖徳大学、聖徳大学短期大学部
  • 東京福祉大学、東京福祉大学短期大学部
  • 佛教大学
  • 神戸親和女子大学
  • 近畿姫路大学
  • 帝京短期大学
  • 大阪芸術大学短期大学部
  • 近畿大学豊岡短期大学部
  • 近畿大学九州短期大学部
保育士になるには・大学と学部選択についての情報でした。

スポンサードリンク