保育士になるには・短期大学

保育士になるには・短期大学へ進学

  スポンサードリンク

保育士になるには、短期大学へ進学するという方法もあります。

 

4年制大学に進学しなくても、厚生労働省が指定した「保育士養成課程」を設置している短期大学に入学し、全過程を履修して卒業できれば、資格を得ることができます。

 

短期大学に進学するメリットとしては、2年間という短期間で資格を所得できること。学校によっては、保育士以外の資格を取得することも可能となっています。

 

4年制と比べると、必要なカリキュラムを濃い密度で学ぶため、また、進路を考える時間をじっくり取ることもできないため、進学後は時間的な余裕がそれほど無いと考えておきましょう。

 

2年間と限られた時間の中で、保育士になるための専門的な知識を学ぶことがほとんどですから、4年制のように広い視野をもって幅広い知識を身に付けるという訳には行きません。

 

途中で進路を変更することも難しくなりますので、自分の将来をしっかり見据えてから決めるべきですね。

 

 

保育士になるために短期大学に進学する場合、昼間なら2年、夜間なら3年で卒業を目指すことになります。

 

志望校選択のポイントとしては、まず学費や入試の難易度、進路実績などを念頭に入れておくと良いと思います。学校の雰囲気などを知るために、オープンキャンパスなどに積極的に参加することも重要ですね。

 

なお、保育士資格とともに幼稚園教諭の一種免許状を取りたい人は、4年制に進むべきです。短期大学卒業では、二種免許状しか取得できないことになっています。

 

また、保育士試験合格を目指すなら、全国のどの短期大学卒業者でも受験することが可能です。こちらは学部や学科に制限はありません。

保育士になるには・短期大学へ進学についての情報でした。

スポンサードリンク